KOTA NO BLOG

田舎に暮らす大学生が、日々出会ったこと・学んだことを発信します。

「ネバダ・レポート」ちょっと怖い未来予想

こんにちは。こーたです。

 

この間、バイト先の先輩とご飯を食べにいきました。

そのときその人に教えてもらった「ネバダ・レポート」というものに僕は衝撃を受けました。

今回はこれについて書こうと思います。

 

 

みなさんネバダ・レポートをご存知でしょうか?

自分が知らなかっただけで、一般的には有名なものなのかもしれません笑

 

ネバダ・レポートとは、日本が財政破綻してIMF国債通貨基金)の管理下に入ったときにIMFが実行するとされる「日本再建プログラム」のことです。

その内容が以下です。

 

(1)公務員の総数の30%カット,給料30%カット,ボーナス全てカット.

(2)公務員の退職金100%カット.

(3)年金は一律30%カット.

(4)国債の利払いは,5〜10年間停止.

(5)消費税を20%に引き上げ.

(6)所得税課税最低限を年収100万円まで引き下げ.

(7)資産税を導入して,不動産には公示価格の5%を課税.

(8)債権・社債については5〜15%の課税,株式は取得金額の1%を課税.

(9)預金は一律1,000万円以上のペイオフを実施.

(10)第2段階として,預金額の30%〜40%を財産税として徴収.

 

これは、2002年の国会で触れられたもので、IMFの公式文書ではないようですが、日本が財政破綻したときのことを考えると、決してありえない話ではないのではないでしょうか。

 

先輩が教えてくれたのは、このサイト。

kamuy.net

 

サイトの下の方に行くと、日本政府 長期債務残高「財政赤字カウンター」というものがあります。

リアルタイムで借金が増え続けてるのもなかなか怖い笑

 

 

こういう話を聞いて(見て)、国債とか財政破綻とかについて調べてて思ったのが、

日本の経済とか財政とかのこと全然知らなかったんだなということ。

書きたいこともっとあったんだけど、知識不足ばれるからやめとこう笑

ちゃんと勉強しなきゃとなというか興味持たないといけないなと思いました。

 

 

 

ネット上には色んな情報が溢れていて、正直何を信じていいのかわかりません。

でもこんな予想もあるんだと思って危機感を持っておくだけでも違うと思います。

 

大学で単位がどう、点数がどうとか言ってる場合かなと思いました。

そんなことをこなすのは当たり前のことで、危機感を持たないといけないのはもっと別のところ。先のところ。

 

今と同じような未来が待ってるわけがありません。

そういうことに気付いて、それぞれ形は違えど動いてる人は動いてる。まわりにもそういう人がいる。

自分ももっと将来に危機感をもって、動き出さなくちゃと思いました。

 

 

 

こーた

ブログ始めました。

こんにちは。こーたです。

 

自分が学んだことを発信できる場所がほしいと思い、ブログを始めてみました。

 

はじめに自己紹介をします。

 

僕は和歌山県に住む21歳の大学3回生です。

今は和歌山に住んでいますが、生まれと育ちは熊本県です。

大学進学を機に和歌山に引っ越してきました。和歌山歴は半年です。

 

3回生なのに来たばっかり?と思われるかもしれませんが、

それは3年次編入で今の大学に入学したためです。

 

 

生まれは熊本県水俣市

その市の中心部からも離れた地域で、当時の中学校の全校生徒約40人というど田舎

が僕の地元です。

 

中学を卒業して高専という高校から5年制の学校に進学しました。

親元を離れ5年間の寮暮らし。

高専では、情報(プログラミングなど)・通信電子工学を学んできました。

 

そして大学編入試験を経て、和歌山の大学に進学。

大学では情報デザインを学ぶ学科に所属しています。

 

 

これが僕の大まかなバックグラウンドです。

 

これからこのブログで、

自分が出会ったこと(出来事や経験)、それを通して学んだこと感じたことを綴っていきます。

 

今が一番いろんなことにチャンレンジできるとき。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

こーた